おみくじの引き方にもコツがある

こんにちは!
大杉日香理です。

 

今回は、『おみくじ活用法』の続きです。

 

おみくじの引き方にもコツがあります。

 

コツといっても、大吉を当てるコツではありません。宝くじじゃないですから。

 

もともとおみくじは、易などの神様のメッセージを聞くものの形態が簡略化したものです。

 

専門家でなくても気軽に神様のメッセージを聞けるツールと考えてください。

 

ですので、おみくじを引く前には、まず神様に聞きたいジャンルや案件、内容を思い浮かべます。

 

思い浮かべ方はイメージしてもいいし、言葉を浮かべてもいいし、やりやすい方法でかまいません。

 

思い浮かべてから、おみくじを引きます。

 

引いたおみくじに書かれていることは、
基本的には聞いた案件に対して関連性があるジャンルのみを採用します。

 

恋愛について聞いたなら、恋愛や結婚、ご縁などに関係する場所を採用です。
(もちろん社内恋愛などで仕事にも関係ある時は、
仕事のところも恋愛に解釈して取り込むのはOKです)

 

控えたいのは、聞いてないジャンルまで採用しないこと。

 

読むのはまったく構いませんが、恋愛について聞いてないのに、
恋愛のところまでは採用しないことです。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

大杉日香理

「龍使い」になれる本を出版。発売半年で91000部の大ヒット。紀伊国屋書店全店16週連続ベストテン入りしている。 歴史、宗教、心理、文学、ビジネス、経営、スピリチュアルなどの総合的な知識をベースとしたメソッドを体系化し、2011年に株式会社を設立。 毎回満席、リピート率は96.5%をほこる「神旅(R)」は、神社を参拝するツアーを日本ではじめて事業化したもの。「みつかい養成講座」「龍使い養成講座」などの講座も好評を得ている。 船橋市では女性起業の可能性についての講演、 船橋商工会議所では、起業するうえで参加者自身の強みや何をしたいかを振り返り「自分がやりたいことを見つける」ことについて講義を実施。 法人向けに神縁をつなぐコンサルティングを行い、他力と協働する意欲のある経営者に、龍神から授かるリーダー力を伝えている。