振り返りは反省にあらず!反省だけなら猿でも出来る

昔、栄養ドリンクのCMで「反省だけなら猿でも出来る!」と言うフレーズがありました。
けっこう流行ったのでCMは知らない世代の方でも、このフレーズはご存じじゃないかな?
「振り返り」と言うと「反省」をイメージする方もいらっしゃいますが
振り返りは反省ではなく「未来の自分へのアドバイス」です。

私たちはそれぞれ、違う能力・経験・価値観を持ち、違う環境で生きています。
なので、Aさんが上手く行くやり方と、私が上手く行くやり方は当然違います。
人はみな違った上手く行く「パターン」を持っています。
もちろん、上手く行かない「パターン」もあります。
その「自分だけのパターン」を知るには「振り返り」しかありません。

振り返りの方法は色々あります。
くれやが開発した「毎日を資産に変えるノート」はPDCAを個人向けに簡単にしたものです。
▼ご希望の際は事務局までお問い合わせください。

ノートを使ってくださっている方も、使っていない方も、1年を通して簡単に振り返りが出来るようシートを作成しました。
▼こちらからダウンロードできます。

この一年で行ったさまざまな行動や取り組みから、各項目を振り返ります。

『行動』こちらは行動や取り組みを書く欄ですが、
 「出来事」でもかまいません。

『成果・結果』欄には、まだ結果が出てない途中経過であっても、
 その行動・取り組みが現時点でどうなっているか?
 途中で止まっていたとしても、それを記載してください。

『変化・成長』欄には、どんな成長や変化があったのか。
 結果や成果に関わらず、何かしらの変化や成長があるはずです。

『兆し・きっかけ』ここで物事が動く前兆が出てくればラッキー!
 例えば「不安になる」だとしても、物事が動く前には不安になるのがパターン!とわかれば、不安に押しつぶされることはありません。
 また、月を書く欄がありますが、夏にきっかけを得やすい!などわかる場合もあります。

『関わった人』キーパーソンが出る場合もありますし、
 他人から助けてもらっていると実感できることもあるでしょう。単に相談に乗ってもらった人、愚痴を聞いてもらった人でもOKです。

『改善点・差分・その他メモ』ここは色々自由に書いていただく
 欄ですが、改善点は次に活かせますし、差分を出して、そのために何が出来るか?と考えることも出来ます。

たったこれだけですが、やるとやらないのでは大違い。
今年は何に力をかけていたのか?どんな変化や成長があり、どんな結果が出ているのか?または出ていないのか?
何をきっかけに動くのか?どんな時にどんな人に力を借りているのか?
何が得意で、何が苦手か?

そんな風に見ていくと、2018年に向けて何をすべきか?が見えて来ます。
年に一度、じっくり自分の足跡を振り返る時間を取ってみてくださいね!
振り返り項目がたくさんありますが、全て埋めようとせず、まず書ける欄だけ記入して下さい。1つの項目の振り返りでもかまいません。

そして、振り返りから見えて来たこと、気づいたことなど、ご報告お待ちしてます。

▼こちらからお願いいたします。

ABOUTこの記事をかいた人

くれや萌絵

子供の頃から人間の心理に興味があり、子育てが一段落した40歳頃より 心理学や占いなどを学び始め、地元を中心に個人セッションを開始。 2009年「Careカラーセラピー」開発、2012年には「Care塗り絵セラピー」を開発し、全国的に展開する。 同じく子供の頃から興味があった神社参拝を事業として展開している大杉日香理と出会い 2011年より大杉日香理の大阪プロデューサーとしての活動を開始し、多数の講師のプロデュースを手がけるとともに、株式会社アテアの外部講師も務める。 2014年、株式会社アテアの取締役に就任。 龍神とのつながりを強化する龍使いプロジェクトに参加し、才能を開花させる。 株式会社アテアで「毎日を資産に変えるノート」を開発し1ヶ月で初版完売。 「龍神ヒーリングⓇ」は毎月100名以上のお申し込みがある人気サービス。