本質の時代

今のままでいいのだろうか?

今のままでも特に困ったことはないし、順調と言えば順調。
けど、何かが違う気がする。

ホントに自分がやりたいことなのか?
また、やりたいことであっても、今のこの「やり方」でいいのか?

一言では言い表せない、漠然とした違和感を感じている方が多くなってます。

巷では「本質の時代」だと言われています。
自分を活かすことをアテアでは「直霊(なおひ)」の願いに沿った生き方という表現をしますが
直霊(なおひ)は、魂の中心核であり、その人の本質中の本質です。

「自分を活かす、本質を活かす」

何となくわかった気にはなりますが、
じゃあどうすればいいの?と聞かれると
具体的にどうすればいいのか、よく分からない。

冒頭にも書きましたが、「本質=物事の変化しない核心部分」です。
その「変化しない核心部分」を、どうやって見つけるのか?
結局は自分と向き合うしかないのですが、一言で言うと

●削ぎ落とす

何かを足していくのでなく、引いていく作業です。

世間の常識、ねばならない!という思い込み、
自分で決めた自分の限界などが、あなたの本質を曇らせます。
薄皮をはがすように1枚1枚はがしていく。
どんどんはがしていくと、あなたの本質が見えてきます。

根気が必要な作業であり、
その過程も面倒だったり苦しかったりしますが
この作業をやるかやらないかで、今後の人生が変わります。
今、やるかやらないか、決めるのは自分です。
私も取り組むので、一緒にやりませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

くれや萌絵

子供の頃から人間の心理に興味があり、子育てが一段落した40歳頃より 心理学や占いなどを学び始め、地元を中心に個人セッションを開始。 2009年「Careカラーセラピー」開発、2012年には「Care塗り絵セラピー」を開発し、全国的に展開する。 同じく子供の頃から興味があった神社参拝を事業として展開している大杉日香理と出会い 2011年より大杉日香理の大阪プロデューサーとしての活動を開始し、多数の講師のプロデュースを手がけるとともに、株式会社アテアの外部講師も務める。 2014年、株式会社アテアの取締役に就任。 龍神とのつながりを強化する龍使いプロジェクトに参加し、才能を開花させる。 株式会社アテアで「毎日を資産に変えるノート」を開発し1ヶ月で初版完売。 「龍神ヒーリングⓇ」は毎月100名以上のお申し込みがある人気サービス。