神社と神様よもやま話:日常的な禊ぎ

神社に行くと、ほとんどの神社に「お手水舎」があります。
本来は川などで禊ぎをしていましたが、その簡易版。
まずお手水舎で清めてから、神社に入ります。
また、ある程度大きい神社では
「祓戸社(はらえどしゃ)」があります。

神道では罪や穢れを祓い、
清らかさを保つこと=「清浄」を重視します。

日本人は清潔好きだと言われますが、
この「禊ぎ」の影響を受けているのでは?とも考えられています。
毎日お風呂に入る、着替える、洗濯をする。

日常的に当たり前に行っていることを
「禊ぎ」だと意図して行うことで、気分がよりすっきりします。
何だかもやもやする、最近気分がすっきりしないという方は、
意図して行ってみて下さい。

私が特にオススメする簡単な「禊ぎ」の方法は、手を洗うこと
手を水で洗い流しながら、
もやもやが晴れていくイメージをしてみてください。
洗面所でできるので、会社やお出かけ先でも簡単に出来て、
思いの外スッキリします。

ABOUTこの記事をかいた人

くれや萌絵

子供の頃から人間の心理に興味があり、子育てが一段落した40歳頃より 心理学や占いなどを学び始め、地元を中心に個人セッションを開始。 2009年「Careカラーセラピー」開発、2012年には「Care塗り絵セラピー」を開発し、全国的に展開する。 同じく子供の頃から興味があった神社参拝を事業として展開している大杉日香理と出会い 2011年より大杉日香理の大阪プロデューサーとしての活動を開始し、多数の講師のプロデュースを手がけるとともに、株式会社アテアの外部講師も務める。 2014年、株式会社アテアの取締役に就任。 龍神とのつながりを強化する龍使いプロジェクトに参加し、才能を開花させる。 株式会社アテアで「毎日を資産に変えるノート」を開発し1ヶ月で初版完売。 「龍神ヒーリングⓇ」は毎月100名以上のお申し込みがある人気サービス。