ひかり語り

1年365日です(^^)

それぞれの日には、それぞれのエネルギーが宿り、
そのエネルギーを他力として活用することができます。

その基本のキは、みつかい養成講座でお伝えしています。

みつかいとは、神様や龍神の力を自らの力と融合させて、
現実世界をより良く変化させる者。

漢字に直すと、『御使い』です。

神様の意向を受け、共に協働するための力となる
『神様のパシリ』なんです。笑

パシリ(笑)ですから、
使いといっても人間側が神様をこき使うわけではありません。

そしてパシリというのも、神様のユーモアであって本気ではありませんから、
神様が人間をこき使うわけではありません。

あくまで協働です。

中学生の時に歴史の授業で習った遣隋使。聖徳太子が、隋の国に派遣した伝達役です。

御使いも使役ではなく、神様の力の伝達という意味であり、
その力を自力の発揮と共に、大切な人のために、ひいては社会のために活用していく存在。

同様に、龍使いも同じ意味です。

龍神を人間都合で使役するのではなく、龍神の力をお借りして、
その力を世のため人のため、自分を活かすために活用する。

それが龍使いです。

片側一方通行の力ではなく、龍神との信頼関係の上に成り立つ協働ですから、
必然的に人間側の視点だけでは良好な関係が築けません。

だから、龍神の視点での捉え方を学び、実践して体感し、
龍神を理解しようという姿勢が必要となってくるのですね(^^)

さて、話を日の持つエネルギーに戻しましょう。

龍神との協働をしていく龍使いにとって、外せない日があります。

それが8月8日。年に1度の龍神の日です。

この日は、数ある龍神関連日の中でも特殊なエネルギーに満ちていて、
龍神が発する密度の高いご神気が満ち溢れてきます。

それだけではなく、満ち溢れたご神気が魂に吸収されやすい日でもあります。

『龍神からのご神気が発生し、吸収しやすい』と意識しておくと吸収率も上がりますから、今年の8月8日は龍神からのご神気を吸収する意識を持つと良いでしょう。

ご神気は魂が輝く原動力ですから、普段は眠っている、
あなたの持っている力を引き出しやすくなるんですね(^^)

その日のエネルギーを最大限に活用するため、
龍神ヒーリング®を重ねて行なうこともおすすめです。

ゴールド会員向けの特典龍神ヒーリング®では、
普段は眠っているあなたの可能性を開きやすいように、
あなたの魂にご神気が入るようにします。

更に、通常の龍神ヒーリング®も同日に行いますが、
龍神ヒーリング®をミルフィーユのように重層的に行うことで、
魂に入ったご神気が原動力として循環するように流れを作ります。
また、眠っているあなたの可能性がスムーズに活用できる状態に整えていきます。

更に、龍使い養成講座で伝授する龍神ヒーリング®を
重ねて行っていただくと、龍神の日の作用がより強化され、
龍使いとして龍神からの後押しを受け続けやすい状態になります。

イメージは車とガソリンです。

龍神の日だけの最高級ガソリンがあり、通常の給油口とは異なること。

そのガソリンが給油されると、普段は眠っているポテンシャルが引き出されること。

そのポテンシャルが活用できるよう、ハンドル操作も簡単にできるように調整されること。

このように、龍神ヒーリング®を重層的に行っていただくと、
ご神気とあなたのポテンシャルとの融合が進むんですね(^^)

8月8日はもちろんですが、
この日以外でも様々な龍神のエネルギーが循環していますから、
日常的に『龍神のエネルギーを吸収する』ことを
意識してみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大杉日香理

「龍使い」になれる本を出版。発売半年で91000部の大ヒット。紀伊国屋書店全店16週連続ベストテン入りしている。 歴史、宗教、心理、文学、ビジネス、経営、スピリチュアルなどの総合的な知識をベースとしたメソッドを体系化し、2011年に株式会社を設立。 毎回満席、リピート率は96.5%をほこる「神旅(R)」は、神社を参拝するツアーを日本ではじめて事業化したもの。「みつかい養成講座」「龍使い養成講座」などの講座も好評を得ている。 船橋市では女性起業の可能性についての講演、 船橋商工会議所では、起業するうえで参加者自身の強みや何をしたいかを振り返り「自分がやりたいことを見つける」ことについて講義を実施。 法人向けに神縁をつなぐコンサルティングを行い、他力と協働する意欲のある経営者に、龍神から授かるリーダー力を伝えている。