貴船龍神 輝くことは磨くことである

ゴールデンウィーク終盤、結界RPG®で大杉と京都~兵庫~徳島を巡りました。
明石住吉神社では住吉の原型を感じたり、鳴門の渦潮では龍神のエネルギーを感じたり
(渦の中からと外からを俯瞰できました)有意義な2日間でした。
その中で、大好きな貴船神社で龍神にいただいたメッセージをお届けします。

◆輝く ことは磨くことである。

貴船の龍神が教えてくれたのは
「輝くことは飾ることではない、磨くことである
わかっているけど、つい忘れてしまうことですよね!
私自身も、何度も何度もここに立ち戻っている気がします。

「隣の芝生は青い」「隣の花は赤い」「隣の糂だ味噌(じんだみそ)」
全て、人の物はよく見える人間心理を表す言葉です。
人間心理なので、誰にでもそう思う傾向があります。

「バラの魔法と龍神講座」を担当していますが、こちらの講座は
「本来の自分を輝かせる=直霊(なおひ)を輝かせる」ための講座です。
直霊(なおひ)は、人間が持つ5つの魂の中で唯一、
前世~現世~そして来世へと変わらず受け継がれる魂です。

誰もが自分を輝かせたいと望みますが、その時無意識に、
「ないものを得てくっつける」思考が生まれます。
自分にないものをくっつける=飾ることです。
足りないものを補うのは、必要な場合もありますが、
それはあなたの輝きを増すことではありません。
それは、あなたの魂をより輝かせるための道具や方法でしかありません。
本来持つ、あなたらしさを輝かせず、道具ばかり揃えても本末転倒。

まずは、すでに自分が持っているものを磨くこと。
それはあなたが生まれながらに持っている、
神様からいただいた直霊(なおひ)が持つ力。

そのためにできることは、自分に興味を持つこと。
あなたが「素敵」「あんな風になりたい」と思う人に興味を持つ以上に
自分自身に対して興味の目を向けることです。

自分には何が出来て、何が出来ないのか?
何が得意で、どんな時に充実感を感じるのか?
何を大切にしたくて、どんな価値観を持っているのか?

とても地味な作業ですが、ここを通らずに自分を輝かせることはできません。
自分のことは自分ではわかりにくいので、同じ意識を持つ仲間を作るのもオススメです。
お互いの「輝き」を伝え合う仲間です。
アテアの講座や神旅®のご参加者さまは、その後も繋がりを持っている方が多いです。
同じ意識を持った人との定期的な関わりは、自分を外から見る習慣になります。
一人では取り組めないことも、誰かと一緒なら可能です。
私も大杉をはじめ、同じ意識を持った人にさんざん指摘されて、
ようやく腑に落とせたことがたくさんあります。
ぜひ、「自分を輝かせる」意識を持つ仲間を見つけてください!

ABOUTこの記事をかいた人

くれや萌絵

子供の頃から人間の心理に興味があり、子育てが一段落した40歳頃より 心理学や占いなどを学び始め、地元を中心に個人セッションを開始。 2009年「Careカラーセラピー」開発、2012年には「Care塗り絵セラピー」を開発し、全国的に展開する。 同じく子供の頃から興味があった神社参拝を事業として展開している大杉日香理と出会い 2011年より大杉日香理の大阪プロデューサーとしての活動を開始し、多数の講師のプロデュースを手がけるとともに、株式会社アテアの外部講師も務める。 2014年、株式会社アテアの取締役に就任。 龍神とのつながりを強化する龍使いプロジェクトに参加し、才能を開花させる。 株式会社アテアで「毎日を資産に変えるノート」を開発し1ヶ月で初版完売。 「龍神ヒーリングⓇ」は毎月100名以上のお申し込みがある人気サービス。