七夕は「棚機女(たなばたつめ)」が神様に着物をお供えする日

7月文月、下半期がスタートします!
「文月」の由来は、「文披月(ふみひらきづき)」が語源だという説が有力だそうです。
七夕の短冊に文字を書き、書道の上達を願い、文を披露する・・・という意味でしょうか?

七夕は「たなばた」または「しちせき」と読みます。
五節句(季節の変わり目などを祝う年中行事・行事を行う日)の一つです。
織姫と彦星が年に一度だけ会えるロマンティックな日♡なだけではなく
ご神事と関連も興味深いです。

七夕の由来

●日本の神事である「棚機(たなばた)」
●古代中国発祥の「乞巧奠(きこうでん・きっこうでん)」
●織姫と彦星の伝説

七夕の由来は諸説ありますが、上記3つが結びついたとする説が有力です。

 棚機(たなばた)
選ばれた乙女が新しく織った布を神棚にお供えした行事で、秋の豊作を願い、
汚れを祓う禊の行事として行われていた、日本の風習。
乙女は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ、川など清らかな水辺にある機屋(はたや)に
こもり、神さまにお供えする着物を織りました。
そのときに使われたのが「棚機」(たなばた)という織り機で、「七夕」を「たなばた」と
読むのは、ここから来ていると言われています。
仏教が伝わり、お盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるようになりました。
乞巧奠(きこうでん・きっこうでん)
中国の風習で、養蚕、裁縫などを司る織女星に、針仕事やはた織りの上達を願った行事。
その後、詩歌や書道などの上達も願う風習となった。
この行事が奈良時代に日本にも取り入れられ、宮中や貴族の年中行事となりました。
正倉院宝物殿には、この行事に使われたという針が残っています。

「棚機女(たなばたつめ)」は織機を扱う女性を指し、水の神が天から下りてくると言われていたので
水辺にこもって神様の衣類を織っていたようです。

乞巧奠(きこうでん)では、5色の糸を通した7本の針と、酒肴や山海の幸を庭にお供えし
織姫星と牽牛星(彦星)に祈りを捧げる。
この時代は、タライに水を張り水面に映る星を鑑賞したとか。

日本と中国、2つの風習に「7月7日、年に一度だけ会える織姫と彦星」の伝説が結びついたのが
現代まで続く「七夕」の風習です。

江戸時代には幕府が、七夕を五節句として公式に定めてから、民間にも七夕の行事が広がりました。
寺子屋に通う子供たちは、里芋の葉にたまった水で墨をすり、その墨で習い事の上達をお願いしました。
乞巧奠の「乞」は願う、「巧」は巧みになる=上達する、「奠」はまつるという意味で、
手習い事の上達を願う行事でした。

 

短冊はなぜ5色?笹竹につるすのはなぜ?
七夕と言えば、笹飾り。
短冊に願い事を書き、笹竹につるしますが、なぜ「5色」なんでしょうか?

古代中国の陰陽五行思想に基づきます。
5色は万物を構成する5つの要素で、「木、火、土、金、水」の5つです。
木は緑、火は赤、土は黄、金は白、水は白で表されます。
庶民に広がった際に、願い事を5色の紙の短冊にしたためるようになったようですが
元は神木とされていた梶の葉に書いていたようです。

短冊をつるす笹竹は、成長が早く、冬場でも青々としていることから、生命力の象徴と考えられ
神様をお迎えする「依り代(よりしろ)」とされました。
また、まっすぐ天に向って伸びる竹は、星に願いを届ける力があったと信じられていました。

 

七夕の行事食
七夕の行事食は「そうめん」
中国から伝わった「索餅(さくべい)」という小麦で出来た食べ物が、そうめんの由来と言われています。
7月7日に索餅(さくべい)を食べると、一年間無病息災で過ごせるという言い伝えがあり
日本の宮中料理でも、食べられるようになったそうです。

棚機も汚れを祓う儀式が関係しているんですね。
古くから日本は折に触れ、汚れを祓うことを習慣としてたことがわかります。
笹飾りを川や海に流す風習(七夕送り)は、穢れを祓う儀式としての七夕の名残とされています。

夏越大祓の記事にも書きましたが

穢れ=気枯れ
神様からいただく「ご神気」が枯れた状態です。
日常を過ごす中、半年の間にたまった心身の疲れ、知らず知らずに犯している罪などがたまっているのは
例えると、パイプに水垢がついた状態です。
水垢をそのままにしておくと、パイプが詰まって水が流れにくくなるのと同じく、
私たちが神様からいただくご神気が流れにくくなります。
汚れがたまる=気が枯れるわけです。
そうなると、十分な後押しを受けることが出来ず、運気が下がります。

現代まで伝わる日本の伝統行事は、ご神事、禊とは切っても切れない関係があります。
暮らしの中に「神」を感じ、また感謝していたことが、よくわかります。

七夕には神さまに感謝しつつ夜空を見上げて、今取り組んでいることへの上達をお祈りしましょう。

月に一度のメンテナンスには、龍神ヒーリング®をオススメします。
龍神ヒーリング®は、疲れやストレスなどで起こる気の滞りを流し、運気を上げるヒーリングです。

▸毎月8日実施「龍神ヒーリング®」についての詳細とお申し込みは、こちら です。

♥くれや萌絵

※「龍神ヒーリング®」は株式会社アテアの登録商標です。

ABOUTこの記事をかいた人

くれや萌絵

子供の頃から人間の心理に興味があり、子育てが一段落した40歳頃より 心理学や占いなどを学び始め、地元を中心に個人セッションを開始。 2009年「Careカラーセラピー」開発、2012年には「Care塗り絵セラピー」を開発し、全国的に展開する。 同じく子供の頃から興味があった神社参拝を事業として展開している大杉日香理と出会い 2011年より大杉日香理の大阪プロデューサーとしての活動を開始し、多数の講師のプロデュースを手がけるとともに、株式会社アテアの外部講師も務める。 2014年、株式会社アテアの取締役に就任。 龍神とのつながりを強化する龍使いプロジェクトに参加し、才能を開花させる。 株式会社アテアで「毎日を資産に変えるノート」を開発し1ヶ月で初版完売。 「龍神ヒーリングⓇ」は毎月100名以上のお申し込みがある人気サービス。