半年間の穢れを流し、今年後半の運気を上げる「夏越大祓」

6月30日は「夏越大祓」
半年の間にたまった穢れを祓うご神事です。
アテアでは毎年、夏越大祓をオススメしていますが、どんな意味のあるご神事なんでしょうか?

夏越大祓とは

祓(はらえ・はらい)とは、清らかな気持ちで日々の生活するため、心身の穢れや災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清めることを言います。

大祓(おおはらえ)は、我々日本人の伝統的な考え方に基づくもので、「大」とは公(おおやけ)の意味があり、古代は朝廷において天下万民の罪や穢れを除くために行われた天下の祓が大祓の始まりとされ、国家規模の祓の儀式でもありました。

この行事は、記紀神話に見られる伊弉諾尊(イザナギノミコト)の禊祓(みそぎはらひ)を起源とし、宮中においても、古くから大祓がおこなわれてきました。
中世以降、各神社で年中行事の一つとして普及し、現在では多くの神社でおこなわれています。

大祓は、年に2度おこなわれ、6月30日に行われる大祓を「夏越(なごし)の大祓」と言い、「名越の大祓」、「水無月の大祓」、「荒和(あらにご)の祓」とも言われる行事です。
また、大晦日に行われる大祓は、「年越の大祓」と言い、夏越大祓と対となるものです。

 

茅の輪くぐり

夏越の大祓では、各地の神社で茅の輪(ちのわ)くぐりが行われます。
茅(ち、かや)で作った大きな輪をくぐることで穢れを落とし、年末までの半年間も健やかに過ごせることを願います。
茅の輪くぐりは、貧しい蘇民将来(そみんしょうらい)が一夜の宿を借りに来た神様をもてなしたところ、「疫病が流行ったら、茅の輪を腰につけると免れる」と教えられたという「備後国風土記」の故事に由来しています。

茅の輪くぐりは、「水無月の夏越の祓する人は千歳の命のぶというなり」と唱えながら、茅の輪を3回くぐり、半年間の汚れを祓い、残り半年の無病息災を祈ります。

くぐり方にも決まりがあります。
・茅の輪を正面から入って左へまわり正面に戻る
・再び正面からくぐって右へまわり正面に戻る
・もう一度正面から左にまわってくぐります。
(*唱え言葉や茅の輪のくぐり方は、地域や神社によって違う場合があります)

通常は、本殿の前に茅の輪が一つ設えられていますが
大和国一宮の大神神社の茅の輪は榊・杉・松をかかげた3つの茅の輪が連なったものをくぐります。

 

形代祓え

また、人間に見立てた形代(かたしろ)を使った祓が行われる神社もあります。
神社で配布される紙の人形に息を吹きかけて自分の穢れを移し、その人形を神社に納めたり、川に流したりして自分の代わりに祓い清めます。
神社によっては、車形の形代もあります。



6月30日の大祓に行けない場合は、事前に形代でのお祓いをお願いできるところがあるので、そちらをオススメします。
また、形代での大祓を受けられると、その後年に二度の大祓の前に
神社から毎年形代を送ってくださるところが多いです。
近くに大祓のご神事を行う神社がない方や、お忙しい方にはオススメです。

 

夏越大祓の行事食

京都では夏越の大祓の頃に水無月」を食べる風習が残っています。
室町時代の宮中では、旧暦の6月1日に氷で暑気払いをする慣わしがありました。
その慣わしにちなんで作られたのが水無月で、庶民の間に広がりました。
三角形が氷のかけらを表しています。

 

 

穢れというと、汚く汚れているイメージですが
穢れ=気枯れ
神様からいただく「ご神気」が枯れた状態です。
日常を過ごす中、半年の間にたまった心身の疲れ、知らず知らずに犯している罪などがたまっているのは
例えると、パイプに水垢がついた状態です。
水垢をそのままにしておくと、パイプが詰まって水が流れにくくなるのと同じく、
私たちが神様からいただくご神気が流れにくくなります。
汚れがたまる=気が枯れるわけです。
そうなると、十分な後押しを受けることが出来ず、運気が下がります。
アテアが夏越大祓をオススメするのは、神様からのご神気をたくさん受け取るためです。

神社では年に二回の大祓以外にも、神社や宮中で毎日「祓え」の神事が行われています。
私たちが日々の掃除の他に、大掃除を行うのと同じです。
大祓以外の毎月のメンテナンスには、龍神ヒーリング®をオススメします。
龍神ヒーリング®は、疲れやストレスなどで起こる気の滞りを流し、運気を上げるヒーリングです。

▸毎月8日実施「龍神ヒーリング®」についての詳細とお申し込みは、こちら です。

♥くれや萌絵

※「龍神ヒーリング®」は株式会社アテアの登録商標です。

ABOUTこの記事をかいた人

くれや萌絵

子供の頃から人間の心理に興味があり、子育てが一段落した40歳頃より 心理学や占いなどを学び始め、地元を中心に個人セッションを開始。 2009年「Careカラーセラピー」開発、2012年には「Care塗り絵セラピー」を開発し、全国的に展開する。 同じく子供の頃から興味があった神社参拝を事業として展開している大杉日香理と出会い 2011年より大杉日香理の大阪プロデューサーとしての活動を開始し、多数の講師のプロデュースを手がけるとともに、株式会社アテアの外部講師も務める。 2014年、株式会社アテアの取締役に就任。 龍神とのつながりを強化する龍使いプロジェクトに参加し、才能を開花させる。 株式会社アテアで「毎日を資産に変えるノート」を開発し1ヶ月で初版完売。 「龍神ヒーリングⓇ」は毎月100名以上のお申し込みがある人気サービス。