終わりとはじまりの地「神旅®ゴールド出雲」

神旅®出雲から帰宅しました!
こんにちは、アテアのくれや萌絵です。
ご参加のみなさま、ありがとうございました。

今回は日沈宮(ひしずみのみや)と呼ばれる日御碕神社に参ったこともあり
太陽、日、火、霊についての話が、そこかしこで出てきました。
二日目午後は、太陽の周りに出る輪=「ハロ(日暈)」が長い時間見えていました。

私と大杉は、みなさんを出雲空港までお送りした後、日御碕に戻り沈みゆく夕陽に2日間のお礼を。

この写真の後、海面に落ちていく夕陽がとてもきれいで、夕陽を眺めつつ行ったミーティングも有意義なものになりました。

神旅®では、今後の課題によってグループ分けを行います。
グループ毎に「この神社がメイン」があり、該当の神社で(シルバーの場合は、境内のお社)
大杉からグループ毎に、神様からのメッセージや課題をお伝えしています。
私はその間、残りのグループの方に感じたことをお伝えしたり必要なワークを行いますが
須賀神社では「陰陽」の話をしました。

「陰陽」はプラスとマイナスではありません。
例えば、活動することが「陽」なら、休息(体を休めること)は「陰」です。
需要と能動、夜と昼、女と男、闇と光、冷たい・温かい、実態のないエネルギーと実態がある物質等々・・・
そしてポイントとしては、「陰陽」は相対的なものであり、どちらか一方では成り立ちません。

今回の神旅®ゴールド出雲は「太陽」と言うキーワードがたくさん出てきましたが
相対する「月」が不要なわけではありません。
陽である「活動」をより活性化させるためには、陰である「休息」が必要です。
寝不足続きでは、パフォーマンスが落ちるイメージです。
いつもお伝えしている「自力と他力」は
神様の後押しは、見えないエネルギーで「陰」、人間の現実的な行動は「陽」
と、陰陽で説明できます。

ついつい「陽」をプラスで「陰」をマイナスと感じてしまい、
無意識に「陰」を悪いものだとしてしまっていたり
ないがしろにしてしまう傾向があります。
そのバランスがいい状態は一概に「陰陽半々」ではありません。
物事ににもよりますし、同じ物事でも時期にもよります。
けれど、どちらもないとバランスが崩れていると言えます。
神旅®終了後のミーティングで大杉に話したことは、言わば「陰」の扱い方でした。

自分の現状、または行動や思考を「陰」と「陽」にわけて考えてみてください。
私はそれで、無意識の根底にある、超間違った思い込みに気づきました。
もうすでに一つ終わらせたよ~♪
それは出雲が持つ力でもあります。
出雲は終わりの地(陰)であり、それは別の世界でのはじまり(陽)です。

そうそう、それはまだ形(現実)にはなっていません。
物事の始まりは「陰」の見えない部分です。
種を蒔いても、芽が出て地表に姿を現すまで時間がかかるように
まず意識・気持ち・考え方など目に見えない部分(陰)を変えていくことで、
目に見える形(陽)になります。
なので
神旅®中、または後に何に気づいたか
は、とても重要です。
そこからがはじまりです。
みなさまの「はじまり」楽しみですね!!

余談ですが、、、
ツアー後の結界RPG®で、海辺でのお決まりポーズ(冬期以外ね)「アリエル座り」笑
ホントは寝転びたいところですが、今回は凸凹すぎて寝そべれずでした。

太りすぎの背中は見ないことにして、これやると沖縄が恋しくなるんよねー。
今年はアリエル座りの新兵器も導入しようと思ってます。笑

♥くれや萌絵

※「神旅®」「結界RPG®」は株式会社アテアの登録商標です。

ABOUTこの記事をかいた人

くれや萌絵

子供の頃から人間の心理に興味があり、子育てが一段落した40歳頃より 心理学や占いなどを学び始め、地元を中心に個人セッションを開始。 2009年「Careカラーセラピー」開発、2012年には「Care塗り絵セラピー」を開発し、全国的に展開する。 同じく子供の頃から興味があった神社参拝を事業として展開している大杉日香理と出会い 2011年より大杉日香理の大阪プロデューサーとしての活動を開始し、多数の講師のプロデュースを手がけるとともに、株式会社アテアの外部講師も務める。 2014年、株式会社アテアの取締役に就任。 龍神とのつながりを強化する龍使いプロジェクトに参加し、才能を開花させる。 株式会社アテアで「毎日を資産に変えるノート」を開発し1ヶ月で初版完売。 「龍神ヒーリングⓇ」は毎月100名以上のお申し込みがある人気サービス。