運がいい人が通う開運講座

先週末は、大阪での講座「バラの魔法と龍神講座」「みつかい養成講座 中級」を開催いたしました。

画像はバラの魔法のお守りアイテム作成中の受講者さま。

バラの魔法と龍神講座の後、受講者さまと話していたのですが
「私は運がいいだけで・・・」と、おっしゃいます。
実力ではなく、運だけで進学、就職、そして少し前に昇格のされたので、今もそうだと言う意味なんですが

「ね、いまうちの講座に通ってくれてるの、運を良くするためじゃないの?」
とお聞きすると
「はっ!そうです!!」
「じゃあ、それなんかおかしくない-?運がいいって、、、いいやんね?」
「ですよね!」

普通に考えて「運」だけではないんです。
彼女が選ばれて手にした進学や就職は、全国に目指している人は数え切れないほどいる、憧れのポジション。
10人中2~3人選ばれるようなものなら、ひょっとしたら何かの間違い(笑)で潜り込めるかもですが。
そして就職となると、もっと狭き門になります。
言わばその分野での全国の頂点に立つのに
☑実力はなく運だけ
☑努力もせず運だけ
なんて、ありえませんが、彼女は真剣にそう思ってはるんです。

もしかしたら、同じレベルの他の人より努力はしていないのかもしれません。
がむしゃらに目指していたわけではなかったのに、すんなり選ばれた。
でもそれは、実力がないわけでもなく、努力をしていないわけではない。
今は名だたる企業で、部下をたくさん抱えるリーダーとして活躍されてます。
それもね、100人200人しかいない会社ではなく、日本有数の企業。
彼女がほんとうに実力がないのなら、そのポジションの代わりは山ほどいる。

なのに何故、こんな風に考えるんでしょうねー?

って、人ごとなら思うよね。
でも誰でも同じような側面を持ってます。
自分を実力以下と評価してしまう。

それは、謙譲の美徳の国で育ったせいなのか
自信家は疎まれるという思い込みなのか
その他の理由なのかは人それぞれですが、自分を等身大に評価することは難しいです。
自分が得意な事って、得意だからこそ簡単にできるので
たいした努力をせずに、なんとなく出来てしまったりします。
反して、苦手なことは必死で頑張っても、そこそこにしか出来ないことが多く
その苦手なことがすんなりできる人を「すごい!」と思う。
逆パターンで、自分も「すごい!」んですけどねー。

そういう私も、自分のことはわかりません。
私たちは自分の顔や背中を鏡を使わないと見れないし
自分のことはわからないように出来てます。
だからこそ「自分以外の他者」がいるんです。
他人と比べて、自分を出来る出来ない・いい悪いと評価するのではなく
自分を知るためです。
色が黒いとか、背が高いとかも、比べる母体があってはじめてわかるよね。
精一杯自分を発揮しよう!と思う人は、自分を知ることが必須です。
知らないと使えません。

そして世の中には、自分が苦手なことが、超得意な人もいれば
自分がたいして努力もせず出来ることが、とても苦手な人もいる。
私で言えば、郵便物を出すとか、ホテルの予約をするとか、誰でも出来そうなことが何故か超苦手。
でも、だからこそ世界は成り立つ。
私と同じタイプで、同じ能力の人ばかりだったら、もう困りまくりです。笑
そして相手と自分は違うという、当たり前の事を、いい悪いではなく受け止めることが
相手を尊重することに繋がります。

(続く・・かも。笑)

♥くれや萌絵

バラの魔法と龍神講座 詳細とお申込みはこちらから 

ABOUTこの記事をかいた人

くれや萌絵

子供の頃から人間の心理に興味があり、子育てが一段落した40歳頃より 心理学や占いなどを学び始め、地元を中心に個人セッションを開始。 2009年「Careカラーセラピー」開発、2012年には「Care塗り絵セラピー」を開発し、全国的に展開する。 同じく子供の頃から興味があった神社参拝を事業として展開している大杉日香理と出会い 2011年より大杉日香理の大阪プロデューサーとしての活動を開始し、多数の講師のプロデュースを手がけるとともに、株式会社アテアの外部講師も務める。 2014年、株式会社アテアの取締役に就任。 龍神とのつながりを強化する龍使いプロジェクトに参加し、才能を開花させる。 株式会社アテアで「毎日を資産に変えるノート」を開発し1ヶ月で初版完売。 「龍神ヒーリングⓇ」は毎月100名以上のお申し込みがある人気サービス。