才能も強みも、これがないと役に立ちません。

才能や強みより、もっと大事なことがあります。
逆に才能がなくても、これさえあれば何とかなります。
私もそうですし、受講生さんを見ていても明らかです。

 

才能や強みよりも、パワーがあるもの、それは・・・
続けて取り組む力

 

 

受講生さんで、みつかいでお伝えしている事を、どんな風に使っているかお聞きしたところ
成果を感じてくださっている方に共通しているのは
「毎日続けている」
こと。

 

才能や強みって、それさえあれば鬼に金棒!なイメージですが
実際には、才能があっても、強みであっても
それを磨き続けることができないと、さして役には立ちません。

 

ピアノの才能があっても、弾かなければ上達しません。
スポーツでも勉強でも芸術的才能でもヒーリングや魔法でも、何でも同じです。
冗談半分としてよく聞く
「勉強、やれば出来るタイプやったんやけどね」
と言うのは、出来なかった人のいいわけです。
その「やれる」かどうかが超重要なんですから、やれなかったのなら出来ないんです。

 

継続できる人と、そうじゃない人の差の一つは
「些細な変化を喜べるかどうか」

 

細な変化を喜べる人は、どんどんレベルアップしていきます。
「変化した」と感じる事で、楽しくなり、もっともっと取り組みます。
やらないなんてもったいない!とおっしゃいます。
自分が出来るまで、達成するまでのプロセスを楽しみます。
困難があっても、それに挑戦し達成することに喜びを感じます。
自分への信頼がある人です。

に、些細な変化を「こんな程度」と思う方は、続けることが出来ません。
早々とやっても無駄と諦め、出来ない自分を強化していきます。
やっても何の変化もありません!とおっしゃいますが
大抵はその変化は大抵「結果」の事を指してます。
挑戦することを拒み、努力をせずそれが手に入ることを願います。
自分を信頼できません。

 

例えば「結婚したい!」と思っても、翌日すぐに結婚できる可能性は低いです。
出不精で新しい出会いがないのなら
会社帰りに、友達や同僚と出かけることだけでも変化です。
身近な人に「結婚を考えているので、いい人いたら紹介してね」
と意思表示をするのも変化です。
結婚に至るまでは、出会いからさまざまなプロセスがあるのに
そのプロセスを「変化」だと思うことができません。

小さな変化を「成長」と感じて、素直に喜ぶことで、続ける力が育っていきます。

 

さて今日はどんな「小さな変化」があるのか、楽しみですね♪

【くれや萌絵の「自力を伸ばす思考」記事】
嫌なことをやらずに願いを叶える方法
他人に影響を受けない自分の世界を確立する。
「ない」ものは活かせない、増やせない、伸ばせない。
人脈も、営業力も、広告を出すお金も、場所もない私ができる一歩。
結果は行動そのものではなく、行動の前の「意識」が左右する。

ABOUTこの記事をかいた人

くれや萌絵

子供の頃から人間の心理に興味があり、子育てが一段落した40歳頃より 心理学や占いなどを学び始め、地元を中心に個人セッションを開始。 2009年「Careカラーセラピー」開発、2012年には「Care塗り絵セラピー」を開発し、全国的に展開する。 同じく子供の頃から興味があった神社参拝を事業として展開している大杉日香理と出会い 2011年より大杉日香理の大阪プロデューサーとしての活動を開始し、多数の講師のプロデュースを手がけるとともに、株式会社アテアの外部講師も務める。 2014年、株式会社アテアの取締役に就任。 龍神とのつながりを強化する龍使いプロジェクトに参加し、才能を開花させる。 株式会社アテアで「毎日を資産に変えるノート」を開発し1ヶ月で初版完売。 「龍神ヒーリングⓇ」は毎月100名以上のお申し込みがある人気サービス。