自分を丁寧に扱う

 

日々の開運アクションとしても大切なことは丁寧さ。

 

丁寧さといっても様々な丁寧さがあり
また発揮する場所も多々あると思います。

 

その中でまず意識していただきたいのは【自分の扱いに関する丁寧さ】です。

 

通常世間では「人を労ること」を進めますよね。

 

それはとても大切なことですが

 

労る人の中に自分自身も入れて考える意識を持ってみてください。

 

自分が自分を労ってあげると、自分を丁寧にあつかっていく意識が芽生えます。

 

→すると自分自身を愛おしいと思える瞬間が増え、必然的に余裕が生まれます。  

 

→人は余裕ができると、自分にも他人にも緩やかに接することができるようになり、それがコミュニケーション好循環を招くようになります。

 

日々の生活の中で、自分に自信をなくしたり自己嫌悪に陥ることだってあります。

 

うまくできなくてイラつくこともあえれば
想定外のネガティブさに捕われることだってあるのです。

 

それを✖とするのはナンセンスで
それらは人生上何度となくやってくることですから
なくそうとするのではなく
そういう状況になったときの対処法を知っておけばよいだけなんですよね。

 

自分を日々の生活の中で
自分という別の人物として丁寧に扱ってあげる時間をもつだけで
人生の中の幸せ度も格段に変化してきます。

 

丁寧な扱いとは

*食事を味わって食べたり、

*お風呂にゆっくりつかってみたり、
*寝具を新しくしてみたり、

*ボディメンテナンスをしてみたり、

*日常の些細なことに意識を向けるだけでOK!

 

逆に非日常で普段しないことを「自分にプレゼントする感覚」でやってみてもOKです!

 

1日1回の丁寧さを意識してみると良いですよ。

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

大杉日香理

「龍使い」になれる本を出版。発売半年で91000部の大ヒット。紀伊国屋書店全店16週連続ベストテン入りしている。 歴史、宗教、心理、文学、ビジネス、経営、スピリチュアルなどの総合的な知識をベースとしたメソッドを体系化し、2011年に株式会社を設立。 毎回満席、リピート率は96.5%をほこる「神旅(R)」は、神社を参拝するツアーを日本ではじめて事業化したもの。「みつかい養成講座」「龍使い養成講座」などの講座も好評を得ている。 船橋市では女性起業の可能性についての講演、 船橋商工会議所では、起業するうえで参加者自身の強みや何をしたいかを振り返り「自分がやりたいことを見つける」ことについて講義を実施。 法人向けに神縁をつなぐコンサルティングを行い、他力と協働する意欲のある経営者に、龍神から授かるリーダー力を伝えている。