心は凍るんですよ

心と魂はチガウものですが、それを書くことは今回の主旨とは異なるので割愛して、
明確な区別はつけずに書きます。

ですので、今回は同じものと思っていただいてOKですチョキ

心は見えませんが、ベストな状態はゼリー状なんですねきらーん
写真素材 PIXTA(c) クマ写真素材 PIXTA

ゲル状にまとまっているけれど、微細な振動でもふるえる状態。

水過ぎず、氷過ぎない。

これが水っぽくなりすぎると、とらえどころのない自分の軸が見えなくなってしまいますし
カチコチ雪だと、衝撃で全体がパリーンとひび割れてしまいますカゼ

氷までいかなくても、ほどよい柔らかさがないと、
微細な振動ではプルプルッと震えることができないんですよねぼー

微細な振動とは、いわゆるワビサビ的な感覚や感情の響きのことです。

夕焼けの微妙な色合いがキレイとか、
真鯛の素材の持ち味が活かされているとか、
あの人と話しているときの感情の盛り上がりとか、
降る雪のシンシンとした空気感とか…

あえて比較すれば、あまりにも微妙な振り幅過ぎて、余裕がないと気が付かない感覚全般でしょうか。

映画でいうと、ハリウッド的ではないという感じかな。

こういう日本的な感覚は、心に余裕があって感じきることができるものですし、
心の余裕は心の柔らかさとイコールに近いものです。

だから、常に心はゼリー状に保ちたい(と、念頭に置いておく)

心をゼリー状に保つには、逆説的ですが気が付いたらプルプルと震わせておくことですべーっだ!

ABOUTこの記事をかいた人

大杉日香理

「龍使い」になれる本を出版。発売半年で91000部の大ヒット。紀伊国屋書店全店16週連続ベストテン入りしている。 歴史、宗教、心理、文学、ビジネス、経営、スピリチュアルなどの総合的な知識をベースとしたメソッドを体系化し、2011年に株式会社を設立。 毎回満席、リピート率は96.5%をほこる「神旅(R)」は、神社を参拝するツアーを日本ではじめて事業化したもの。「みつかい養成講座」「龍使い養成講座」などの講座も好評を得ている。 船橋市では女性起業の可能性についての講演、 船橋商工会議所では、起業するうえで参加者自身の強みや何をしたいかを振り返り「自分がやりたいことを見つける」ことについて講義を実施。 法人向けに神縁をつなぐコンサルティングを行い、他力と協働する意欲のある経営者に、龍神から授かるリーダー力を伝えている。