「上巳の節句・ひな祭り」邪気を払う桃の花でひな祭りをお祝いしましょう。

3月3日はひな祭り、桃の節句です。

節句の「節」は文字通り季節の「節目」で、「節句(せっく)」は季節の節目に
五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄などを祈り、
神様へお供え物をしたり、邪気を祓ったりする行事のことをいい、
中国の陰陽五行に由来しています。

中国では「陽(奇数)が重なると 陰が生ずる」として、
それを避けるために季節の旬の植物から活力をもらい、
邪気を祓う目的で避邪(魔除け)という行事が行われていました。
3月3日の上巳の節句が桃の節句と言われ、桃が飾られるのは、
旧暦の3月が桃の季節というだけでなく、桃には邪気を祓う力があるとされているからです。

あかりをつめましょ ぼんぼりに、お花をあげましょ 桃の花~♪
子供の頃に歌った「うれしいひなまつり」の歌詞のように
ひな祭りには欠かせないのが桃の花

 

日本神話では
亡くなったイザナミを訪ねて黄泉の国へ行ったイザナキが、
八種の雷神と黄泉の軍勢に追われた際に、
黄泉比良坂(よもつひらさか)で桃の実を投げつけると雷神と黄泉軍は退散していきました。
桃の実に命を助けられたイザナギは桃の木に「オオカムズミ(大神つ実)」と神名を授け
「私を助けてくれたように、葦原中国(あしはらのなかつくに=日本の国土)に住む
青人草(あおひとくさ=国民)が苦しみ悩む時、同じように助けなさい」
と仰せになったというエピソードがあります。

このように、桃は日本においても古くから霊威があり、
邪を祓うものとして定着していたようです。

 ひな人形の横に何気なく飾られている桃の花ですが、神話の世界に思いを馳せながら眺めると、
桃の持つ聖なる力が感じられて、また一味違った楽しみ方ができそうです。

こうして季節の行事を知ること、楽しむことは季節の流れに乗る簡単な方法です。
ひな人形を飾らないご家庭でも、桃の花を活けてみてはいかがでしょうか?
桃の香りや愛らしさを五感で感じることで、運気の流れに乗りやすくなりますよ。

我が家もひな人形は出せてませんが、桃の花のアレンジメントで
雛祭りを迎えます♪

☑「ひな祭」「上巳の節句」に関するこちらの記事もどうぞ!
 ⇒上巳の節句・ひな祭の行事食で季節を感じ自然の恵みに感謝する
 ⇒ひな人形と神棚と随神門の共通点とは?

(♥くれや萌絵)

ABOUTこの記事をかいた人

くれや萌絵

子供の頃から人間の心理に興味があり、子育てが一段落した40歳頃より 心理学や占いなどを学び始め、地元を中心に個人セッションを開始。 2009年「Careカラーセラピー」開発、2012年には「Care塗り絵セラピー」を開発し、全国的に展開する。 同じく子供の頃から興味があった神社参拝を事業として展開している大杉日香理と出会い 2011年より大杉日香理の大阪プロデューサーとしての活動を開始し、多数の講師のプロデュースを手がけるとともに、株式会社アテアの外部講師も務める。 2014年、株式会社アテアの取締役に就任。 龍神とのつながりを強化する龍使いプロジェクトに参加し、才能を開花させる。 株式会社アテアで「毎日を資産に変えるノート」を開発し1ヶ月で初版完売。 「龍神ヒーリングⓇ」は毎月100名以上のお申し込みがある人気サービス。