アテアまでの道のり【大杉日香理の種明かし編4】 ◆くれや萌絵、熊野の龍神をニンマリさせる

こんにちは!
大杉日香理です。

今だから言える秘話シリーズ アテアまでの道のり【大杉日香理の種明かし編】、

おかげさまで大好評をいただいております。

なぜ、くれや萌絵は本格的に龍神から「ご指名」を受けたのか?

1.最初のきっかけは、「ファッション」と「名刺」から
2.「この人、すごいことになるな」と思った生國魂神社
3.くれや萌絵、春日大社で新たな扉を開く

どうぞ、つづきを読み進めてくださいね!

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

その素直さと実行力から、
神々に注目され始めていたくれやでしたが、
当時、もちろん本人は、まったく知りません。

秘話2-1-9

会社経営のご主人と2人の娘さん、御両親の6人家族を
切り盛りしながら、自分自身の活動を続け、
招致者として、私を大阪へ招いてツアーや講座を開催してくれました。

そんな中、2011年頃から、くれやを含む有志が集まって、
泊まりがけで神社参拝の旅をするようになりました。
(今おこなっている神旅®ゴールドは、当時の旅行が元型になっています)

 

-1秘話2-1

2011年5月、有志で行った出雲ツアーのことです。

とある神社で、私たち一行は、出雲の龍神から
「龍の背に乗るか?」とオファーを受けたのでした。

blue-sky-1348634_640

「龍の背に乗る」とは、龍神の後押しを本格的に受けること。

つまり、運気がグンと上昇する代わりに、
その分だけ、課題やチャレンジに取り組むということです

米子空港

私以外のメンバーは、くれやも含めて7名。

そのメッセージは、
ちょうど、境内をそれぞれに散策している時に届きました。

あとで全員にその言葉を伝えましたが、
私はまず、近くにいたAさんに伝えました。

この時、不思議な現象が起きたのです。

メンバーは私も含めて8人なのに、境内には、
私、Aさん、くれやの3人しか存在せず、
他の5人は違う次元にいる。……そんな状況です。

私たち3人が境内のどの場所で、どんなふうに立っていたか、
今もはっきり思い出せます。

でも、さほど広くない境内なのに、
他のメンバーはまったく存在していなかったのでした。
(もちろん、エネルギー的に…ですが)

あれ!?と思いながらも、私は
龍神が力を授けてくれると言うので、
呼ばれるままに、境内を移動していきました。

すると、いつの間にかAさんがいなくなりました。

そして、くれやだけがそばに残り、
私が龍神から新たな力を受け取っている間も
近くで、なにげなく佇んでいたのでした。

龍神から力を受け取っていることは他言しないように
指示されていたので、くれやには
私がただお祈りしているだけに見えたと思います。

でも、なぜかそばにいるのです。

何かの力が働いた結果、
その時くれやだけが一緒にいたのです。

  

・・・・・・・・・・・・・・

いつもは、ふらふらと(笑)自由に散策しているのに、
肝心なときに、必要な場所にいる……。

本人は無自覚だと思いますが、
こんなことが、この後もくれやにはよくありました。

集中力が最高に高まり、変性意識にはいることを、
「ゾーンに入る」と言いますよね。

くれやには、そんなふうにゾーンに入り、
場のエネルギーをキャッチする力、
あるいは、場を変える力があるのではと、
当時私は分析したのでした。

 

さて、出雲で龍の背に乗せてもらうことになった
私たち8名の状況は、どんどん変化しはじめました。

私は、株式会社を設立することになり、
くれやは、私以外の講師も幅広く招致し始め、
カラーセラピストとして、ますます活動の幅を広げていきました。

そんな有志たちとの旅を続けていた2011年8月、
和歌山県の熊野に、出雲とほぼ同じメンバーで訪れた時のこと、
「神隠し事件」が起きたのです。

といっても、誰か1人がいなくなったわけではありません。

熊野大社 梛の木

熊野大社の境内で全員がはぐれてしまい、
バラバラに散ってしまったのです。

お互いがお互いをどんなに探しても、
誰にも出会えない。

言い方はおかしいのですが、山深い熊野で、
「みんながみんなにはぐれてしまった…」という状況です。

山奥過ぎて、携帯も圏外です。

私自身は、ひたすら同じ場所で待ち、
通りかかる人に伝言を頼んだりして、メンバーが戻ってくるのを待ちました。

秘話2-1-12

待つ間も無駄にすることなく、その場が重要なポイントであることも知っていたので、
必要な神事を行いながら待ちました。
(面白いのが、ひとつ神事を終える度に地元の方が参拝にお越しになり、
地元のお話をしてくださいました。それがその神事にリンクしている内容
だったのが、神様の凄さです)

神事を行う時は、大抵同行者がその場から自然と離れるのですが、
その時の神事は行う範囲も深く、動かすエネルギーも大きかったので、
同行者のサポートが必要でした。

しかし、その場にはいません。

その時、数キロ先で、「ここを場を創る目安とすれば良い」と
熊野の龍神が伝えてくれました。

山の中なので木々に閉ざされて見えませんが、
そのポイントで何かサポートしてくれているのを感じました。

landscape-891597_640

神事も終え、そんなこんなの末に、ようやくメンバーは再会し一安心。
と思ったのですが、気づくと、くれやだけが所在不明です。

仕方ないので、山の中を突っ切って駐車場に戻りながら、
先ほどの場所と駐車場の位置関係を考えながら、進めば進むほど
先ほどのポイントでサポートしてくれたエネルギーが強くなるのを感じました。

山林を抜け、駐車場に辿り着いたら、
そこに、涼しい顔をしたくれやが待っていました。

秘話2-1-10

聞いてみると、メンバーを探したけれどいなかったので、
もう駐車場だと思って戻っていたとのことでした。

どのくらい前から駐車場に居たのかを確認すると、
まさに龍神がメッセージを伝えてくれた頃です。

まさかなぁ〜と思っていると、それまで曇天だった空から
一気に大量の雨が降ってきました。

rain-893090_640

急いで車に乗り込み、ふと窓の外に目を向けると、
先ほどの熊野の龍神と目が合いました。

この時、熊野の龍神厳島龍神と同じように、
またもや、ニンマリしているのがわかりました。

dragon-238931_640

龍神は、更に目線を向けてきて、とても嬉しそうにしています。
でも、くわしいことは一切言いません。

龍神が何も言わないということは、
多分まだ聞くタイミングではないのでしょうから、
私もあえて聞きません。
(むしろ聞きたくないとも言えます)

でもこの日、くれやのステージが、
また確実にひとつ動いたなと私は感じました。

ちなみに熊野は、龍神のもたらす運気の「分水嶺」にあたります。

紀伊山地

その熊野で、メンバーがそれぞれ違う場所に散ったということは、
今後、各人の道が分かれていくタイミングかも知れない……。

air-show-694807_640

そんなことを思った出来事でした。

その予感通り、その後各自が活躍の場を広げていくのですが、
くれやと私のつながり、そしてくれやと神様のつながりは、
さらに深まっていくことになります。

ただ、それはまた後のお話です…。
               

つづく>>>