開運するためのキホンのキ『産土神』

 

アテアブログ読者のみなさまは、
より良い人生を歩んでいきたい!
いつも願っておられると思います。

開運する方法を知りたい!
思われてアテアの神旅®や講座に
お越しくださる方々ばかりだと思います。

まず、開運とは文字通り「運が開けて幸せに向かうこと」ですね。

では、開運していくと、どんな状態になっていくのでしょうか?
それは、みささまにとって重要なご縁がどんどん結ばれていくことになります。

結婚相手に出会いたい、仕事の業績を上げたいとか、お客さまを増やしたい、
ビジネスパートナーと知り合いたいという「人とのご縁」はもちろんですが、
収入を○○万円増やしたいとか、住居を探したいとか、必要な情報が欲しい
とかの「人間以外のご縁」も、開運すると、どんどんつながっていきます。

 

ですが、「お金に困っているので、助けて欲しい!」
と願っても、空から札束がいきなり降ってくることはあり得ません。笑

 

始まりはいつも、人間同士の出会い(ご縁)からですね。

そのご縁を結んでくださるのが、他でもない神様や仏様です。

アテアの神旅®や講座でいつもお伝えしている
「ご縁むすびは神仏の領域」ということですね。

あなたの願いを神仏は「ご縁をつなぐこと」後押ししてくれます。

言い換えると、神仏の後押しとは「ご縁をつなげていただくこと」ですね。

意識的に神仏とコミュニケーションをとること
更に開運力が上がって、飛躍のタイミングが訪れやすくなります。

そのあなたの開運の窓口を担当して
くださっているのが産土神(うぶすながみ)なのですね。

開運のためには、産土神社や鎮守神社で、
産土神(うぶすながみ)とコミュニケーションを取ることが、重要ポイントになってきます。

開運、ご縁つなぎの始まりは、すべて産土神から。

では、次回は産土神(うぶすながみ)についてお伝えしますね。

 

 

 

【関連記事】

・あなただけを守護してくださる神様をご存知ですか?