アテアまでの道のり【大杉日香理の種明かし編1】 ◆最初のきっかけは、「ファッション」と「名刺」から

こんにちは! 大杉日香理です。

ご好評だった「アテアまでの道のり〜くれや萌絵バージョン①〜⑥」
皆様、お楽しみ頂けましたでしょうか!?

このシリーズでは、現在に至るまでのくれやのストーリーを
本人が、自分の体験を振り返りながらお話ししました。

o0503035212613643711

しかし、ご存知でしょうか。
その裏にはもうひとつ、「神様目線」&「大杉目線」
ストーリーがあったということを…!

実は、くれやが普通の主婦から「神縁ナビゲーター」になり、
今のように、アテアの“2トップ”として活動するようになるまでには、
龍神や神様の意志と、たくさんの後押しがあったのです。

私は早い段階で、くれやに関するメッセージを
龍神や神様から受け取っていましたが、
本人には、ほとんど伝えていませんでした。
(理由は、あとでお話ししますね)

それでも、くれやは着実に経験を重ねながら成長し、
能力を開花させていきました。
神様とのおつきあいが、本当に上手だったのですね。

くれやは、アテアが考える「成功モデル」のひとつだと、
私は考えています。

それはそのまま、神様が「人間とこういうおつきあいがしたい!」
というコミュニケーションスタイルでもあります。

それが可能だったのは、くれやのもともとの資質はもちろんですが、
もちろんそれだけではありません。

むしろ資質以上の、後天的に伸ばすことができる要因を
伸ばしたからです。

なぜくれやは神様にたっぷり後押しを受けたのか。

神様たちは、くれやにどんなメッセージを届けていたか。

そして、そのメッセージを受けとっていた私が、
今までの出来事をどんなふうに見ていたか…。

それをお伝えすることは、多くの方の参考になると思うのです。

memo

くれや萌絵が体験したストーリーの裏では、何が起きていたか。
さあ、種明かしのはじまり、はじまり〜

 

くれやが、「今後期待できる人材」として、
神様から、最初に目をつけられたのはなぜだと思いますか?

その理由は、くれやの生まれ持った資質や感性など
たくさんありますが、中でも、最初のきっかけとなった
理由があると私は思っています。

それは、くれやが「素直」だったことです。

素直というと、余りにもありきたりの言葉で
簡単に流してしまうかもしれませんが、
素直というのはとても大切な条件です。

では、くれやがどんなふうに素直だったか、
出会いの頃から、振り返っていきましょう。

time-1615406_640

くれやとの出会いは2010年7月、
当時、私がおこなっていた個人向けのコンサルティングでです。

これは、その方だけに向けた神様のメッセージを伝える個人コンサルティングで、
くれやは関西での出張セッションを受けてくれました。

コンサルでアドバイスをくださる神様は、産土神のほか、
その方にご縁のある神様や龍神、御先祖など毎回違います。
でも、どの回でも共通していることがあります。

それは、必ずその方にとって一番いいゴール、
つまり、現実をよりよくするために、
「その方が実際にやるべき行動」にたどりつくことです。

「やるべきこと」と言っても、
特別なことや、覚悟のいることではありません。
日常の中で、すぐにできることがほとんどです。

くれやの場合も、具体的なアドバイスが色々ありました。
中でも大きかったのが、
「高級名刺に変える」
「ファッションをエレガント&ゴージャス路線に変える」
の2つでした。

でもこの2つ、人間の頭で考えると、
ちょっと唐突にも思えるアドバイスですよね。

それで、メッセージをくれたくれやの産土神に
何回も確認したのですが、「それが、鍵になるから」としか言ってくれません。

では、その時のくれやが、どんなファッションだったかというと…。

茶髪の巻き髪ポニーテール。(あれはウィッグだと後ほど知りました)
シフォンのヒラヒラした花柄トップス。(ピンクや黄緑が入り乱れ、お花畑のよう…)
サーファーが履いていそうなウォッシュドデニム。(洗いざらし感たっぷり!)

%e3%81%a5%e3%82%89

初対面なので言いませんでしたが、正直…似合っていない。
アンバランス以外の何ものでもない…。

誤解のないように言うと、
外見だけ見るなら、とてもおしゃれだったんですよ。

 

でも、正直なところ、
「この人は、なぜこんな格好をしているのかな!?」と思いました。
(海に行った帰りだったと、後から聞いて納得しましたが)

なぜそう思ったのかというと、私がコンサルなどでリーディングする時は、
その方の顔かたちや格好ではなく、エネルギーを読むからです。

%e3%81%a5%e3%82%89%ef%bc%92

「アンバランス」と感じたのは、
服が出している波動と、くれや本人の直霊(なおひ:魂の核)が出している波動、
肉体が出している波動が、すべてちぐはぐだったから。

本人の直霊も肉体も、めちゃ元気なのに、
その元気さを、あまり鳴り響かせていない感じがしたのです。

もちろん、くれや自身は、
単に好きな服を着ていただけだと思います。

でも、その時のくれやは、
本当はいい音の出るトランペットを
わざと、ボソボソッと吹いている。そんな印象だったのです。

産土神は、それを見抜いていたのですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

shoes-1030823_640

一口メモ① ファッションや持ち物は、運気に大きく影響します!

ファッションや持ち物って、実はとても重要なんです。
目標に向かって進む時に、大きな影響を与えるからです。

wedding-dresses-1486004_640

たとえば、「こんなふうになりたい」
「こんなことを成し遂げたい」という目標がある時、
今の自分から、その未来へと至るルートというものがあります。

目標が半年先であれ、数年先であれ、
そのルートを通過するために、自分のファッションや持ち物が最適か、
実は、常にチェックしておく必要があるのです。

pink-1361077_640

別の言い方をすると、目標へと至るために
ベストなファッションやアイテムがある、ということです。

(特に、常に持ち歩くお財布やスマホは大切です。
ですからアテアでは、ご希望の方に、
目的到達のための最適なお財布をご提案する、
お財布リーディングをおこなっています)

また、ファッションや持ち物の嗜好が変わる時は、
自分の環境が変わる前のサインであることも少なくありません。

それほど、何を着て、どんなものを身につけるかは、
運気に影響を与えるのです。

city-1484539_640

さて、くれやに話を戻すと、神様から見れば、
ファッションも名刺も、彼女にとってベストなものではありませんでした。
それで、産土神がアドバイスをくれたというわけです。

そして、ここがくれやの素直なところなのですが、
彼女は、その理由を一切聞きませんでした。

そして、次に会った時、2つのアドバイスをきちんと実行してきたのです。

つづく>>>

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

大杉日香理

「龍使い」になれる本を出版。発売半年で91000部の大ヒット。紀伊国屋書店全店16週連続ベストテン入りしている。 歴史、宗教、心理、文学、ビジネス、経営、スピリチュアルなどの総合的な知識をベースとしたメソッドを体系化し、2011年に株式会社を設立。 毎回満席、リピート率は96.5%をほこる「神旅(R)」は、神社を参拝するツアーを日本ではじめて事業化したもの。「みつかい養成講座」「龍使い養成講座」などの講座も好評を得ている。 船橋市では女性起業の可能性についての講演、 船橋商工会議所では、起業するうえで参加者自身の強みや何をしたいかを振り返り「自分がやりたいことを見つける」ことについて講義を実施。 法人向けに神縁をつなぐコンサルティングを行い、他力と協働する意欲のある経営者に、龍神から授かるリーダー力を伝えている。