4.神世七代(かみよななよ)

4.神世七代(かみよななよ)

クニトコタチ、トヨクモノという二柱の独り神が生まれ、つづいて男女の性を持ったペア5組、十柱の双つ神が誕生します。
こうして生まれた二柱と5組の神々を、神世七代(かみよななよ)といいます。
この七代の最後に現れたのがイザナギ・イザナミの夫婦神です。

七代といっていますが、12柱います。
というのはここで、夫婦が登場するのです。
神世七代の最後が、イザナギ・イザナミです。
その間の方々は実在しないともいわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です