「スタッフはミタ」神旅®ゴールド八ヶ岳&諏訪編 Part1

皆さま、こんにちは!

福本恵子です。

お久しぶりの「スタッフはミタ!」でございます。

 

今回の「スタッフはミタ!」神旅®ゴールド八ヶ岳&諏訪編です。

 

お申込み募集開始後すぐに満席となりましたこの神旅®ゴールド、

さてさてどのような神旅®となりましたでしょうか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まずは、集合場所の茅野駅から。

img_7459

茅野駅東口には、このようなモニュメントがあります。

img_7458

国宝『縄文のビーナス』と『仮面の女神』ですね。

古代史ファンのわたくしと致しましては、萌え~でございます!

(萌絵~!ではありません。)

 

img_7457

集合場所の機関車前で、皆さまは早速写真をパシャパシャ撮っておられました。

では、全員集合!のあとは、バスに乗り込んで出発進行!でございますよ。

(ドリフのあのメロディーで!)

linecamera_shareimage-1

今回の神旅ゴールド®の初参加の方は、4名いらっしゃいました。

「神旅®に参加したいけど、ひとりじゃ何だか申し込みづらいわ。」

と思っておられる方はいらっしゃいますか?

どうぞご安心ください!

ほとんどの方がおひとりさまでのご参加です。

img_7471

バスで移動し最初の行程のランチタイムでは、グループごとに座っていただきます。

img_8211

 

img_8212 img_8213

ランチが終わる頃には、皆さま打ち解けられて笑い声など聞こえてまいりました。

さて、ランチの後に向かったのは湖でございます。

img_7504-1

紅葉が始まりかけていて、緑、黄色、赤の葉っぱのあまりの美しさに歓声があがるほどです。

linecamera_shareimage-2

水面からは見えない湖底であったとしても、当然、湖底は「ある」わけです。

少し移動しただけで、見えるポイントが変わってきますよね。湖底も見えるかもしれません。

悩んだら視点を変えて〇〇から見ること。

それが、神様が参加者の皆さまに「今後の未来に活用してほしい視点」だと大杉日香理の解説が始まります。

img_8215

さて、この神旅®ゴールド八ヶ岳&諏訪での最初のチームごとのお祈りでございます。

皆さまのお祈りは、うまく神様方に届くでしょうか?(ときには、やり直しも出ます)

皆さまのお祈りの様子を見た大杉の第一声は・・・。

「意志疎通チーム」「暗黙の了解チーム」「すれ違いチーム」と命名されていました。

わたくしは傍から見ていて、まさに言いえて妙!とニンマリしていましたが、

これは本当のグループ名ではありませんでした。(本当のグループ名はこの後お知らせしましょうか)

 

img_7577

それにしても美しい湖です。

この湖が、あの映画の舞台になっているとは、わたくしは知りませんでした。

unnamed

大杉からの「課題図書」「課題漫画」はよく出されますが、「課題映画」は・・?

ご参加の皆さま、映画館に足を運びましょうね。

わたくしはすでに観ましたが、もう一度観に行きます!(「金メダル男」も観たいですが。)

img_8220

さて、次に向かった神社では屋根まで届きそうな巨大な岩が!

諏訪には、このような古代の原始信仰形態である磐座がそこかしこにあります。

決してよじ登ったりしてはいけませんよ。かくれんぼくらいにしておいてくださいね。(それもNGかな)

img_7568

こちらの境内では、一段と大杉節も炸裂していました。

なぜなら、18年前にまさにこの地で「皆さまをお連れするように!」

と神様からミッションを告げられたそうなのです。

img_8224

18年前ですよ!!

つまり18年越しのミッションだったわけですね!

それは大杉の感慨もひとしおだったと思います。(わたくしも目頭が熱くなってまいりました)

今回の参加者さま全員のテーマの「人生の土台をUPし強化する!」は、

まさにこの八ヶ岳の麓でこそ!なのですね。

img_8221

そしてさきほどのグループ名ですが、本当のグループ名は

「パール」「クリスタル」「オーロラクリスタル」の3グループでした。

 

このグループ分けが神旅®の重要ポイントです。

 

ご参加の皆さまの現在の課題や目指す方向性が似ている方々を大杉がグループ分けしています。

 

公天命と言う本来の生き方へと人生の流れをシフトするために集われた今回の神旅®のメンバーの皆さまに、このあとどのようなことが待ち受けているのでしょうか?

 

 

湖周辺での神様方にご挨拶を済ませて、次の目的地へ向かいます。

 

(つづく・・・)