2018年は限界を超える

「2018年はどんな年?」
『2018年は高みを目指す。
今の自分の実力では叶えられない、ちょっと背伸びをした目標や夢を持つのが、2018年のポイントです。』
とお伝えしました。

それは、自分が設定している限界を超えた目標を掲げることです。
私たちは自分自身で設定している限界をベースに未来をデザインします。
・才能がないから……
・お金がないから……
・時間がないから……
「○○がないから」の後に続く言葉は「出来ない」「無理」のような言葉ですよね。

私たちは自分で限界を設定し、諦め望むことすらしていない事が山のようにあります。
って書いていて、自分を省みても涙が出そうです。笑
子供の頃からたくさんの可能性を、自分自身で闇に葬ってきたな……と。
では、どうすればいいのでしょうか?
「○○がないから」とふと頭をよぎった時に、そこで終わらせず

◆「○○がなくても、できる方法は?」と考えてみて下さい。
◆または「○○がなくても、何でも叶うとしたら?」

と、ご自分に問いかけるのもいいですね。
もちろん、そこで出てきた答えに全力で取り組む事をお忘れなく!
小さなことですが「○○だから無理」と諦めて過ごす1年とは、結果の差は歴然です♪

ABOUTこの記事をかいた人

くれや萌絵

子供の頃から人間の心理に興味があり、子育てが一段落した40歳頃より 心理学や占いなどを学び始め、地元を中心に個人セッションを開始。 2009年「Careカラーセラピー」開発、2012年には「Care塗り絵セラピー」を開発し、全国的に展開する。 同じく子供の頃から興味があった神社参拝を事業として展開している大杉日香理と出会い 2011年より大杉日香理の大阪プロデューサーとしての活動を開始し、多数の講師のプロデュースを手がけるとともに、株式会社アテアの外部講師も務める。 2014年、株式会社アテアの取締役に就任。 龍神とのつながりを強化する龍使いプロジェクトに参加し、才能を開花させる。 株式会社アテアで「毎日を資産に変えるノート」を開発し1ヶ月で初版完売。 「龍神ヒーリングⓇ」は毎月100名以上のお申し込みがある人気サービス。