元旦、元日、お正月の違いと宮中祭祀「四方拝」

あけましておめでとうございます。
2018年が、みなさまにとってますます飛躍の1年になりますように。

もういくつ寝るとお正月~♪と、子供の頃はお正月を待ちわびましたよね。
親戚が集まったり、お年玉をもらったり楽しみだったお正月ですが
お正月って、いつまでか知ってますか?
また「元旦」と「元日」って、どう違うの?元日の宮中祭祀って?など、
お正月についてのよもやま話を。

正月
正月は、1月1日から3日までの三が日を指すと思っている方もいらっしゃいますが
本来、正月は1月の別称であり、お正月は1月1日~31日までの1月中です。
三が日は、正式には「正月三が日」と言います。
ですが近年では、三が日、松の内を正月とする節や、20日までとするなど、地域によってバラバラなようです。
確かに、忙しい現代人は1月末まで「お正月気分」では過ごせないですね。

元日
元日は、1月1日のことです。
明治~昭和前期頃までは、宮中行事である四方拝(1月1日に天皇が行われる祭祀)にちなみ、
四方節(しほうせつ)と呼ばれて祝祭日の中の四大節(紀元節、四方節、天長節、明治節)の
一つとされていました。
その後、年の初めを祝う日として、祝日に制定されました。

元旦
では元旦は?
元旦の「元」は、はじまりという意味があります。
「旦」は、太陽が地平線上に現れる時。よあけ。あさ。早朝。です。
「旦」は「日」の下に「一」を書きますが、地平線(「一」)から、太陽が出る様子を表しています。
なので、1月1日の朝、午前中を指すと言われています。

四方拝(しほうはい)とは
平安初期に、宮中で始まったとされる祭祀。
1月1日(元日)の朝5時30分に天皇が、皇居の宮中三殿の西側にある神嘉殿の南側の庭に
設けられた仮屋の中に入り、伊勢神宮の皇大神宮・豊受大神宮の両宮に向かって拝礼した後、
四方の諸神祇を拝する。
伊勢神宮、天神地祇、神武天皇陵・先帝三代の各山陵、武蔵国一宮(氷川神社)、
山城国一宮(賀茂別雷神社と賀茂御祖神社)、石清水八幡宮、熱田神宮、常陸国一宮(鹿島神宮)
下総国一宮(香取神宮)です。
宮中祭祀の中でも重要な祭祀で、天皇自らが行い、また天皇が何かしらの事情で行えない際も
代拝(代理人が変わって祭祀を行う)を行わないのが慣例です。
四方拝は、新しい年の初めに国民の幸せを願う祭祀ですが、とても感動する内容です。
ご興味がある方は、調べてみてみてはいかがでしょう?

♡くれや萌絵

ABOUTこの記事をかいた人

くれや萌絵

子供の頃から人間の心理に興味があり、子育てが一段落した40歳頃より 心理学や占いなどを学び始め、地元を中心に個人セッションを開始。 2009年「Careカラーセラピー」開発、2012年には「Care塗り絵セラピー」を開発し、全国的に展開する。 同じく子供の頃から興味があった神社参拝を事業として展開している大杉日香理と出会い 2011年より大杉日香理の大阪プロデューサーとしての活動を開始し、多数の講師のプロデュースを手がけるとともに、株式会社アテアの外部講師も務める。 2014年、株式会社アテアの取締役に就任。 龍神とのつながりを強化する龍使いプロジェクトに参加し、才能を開花させる。 株式会社アテアで「毎日を資産に変えるノート」を開発し1ヶ月で初版完売。 「龍神ヒーリングⓇ」は毎月100名以上のお申し込みがある人気サービス。