おみくじの活用法

こんにちは!
大杉日香理です。

 

今回は、「おみくじの活用法」についてお話しましょう。

おみくじに限らず、神様とのお付き合いの仕方に決まった方法はありません。

マナーとしての作法はありますが、それは人同士でも同じこと。

神様相手だからマナーを守るというものでもありません。

日本人にとって神社は身近な存在です。

とはいえ、神様や神社との関わり方って、ナゾの部分が多いです。

いざ参ろうとしても、作法がわからず躊躇されてしまうこともあるかもしれませんね。

 

omikuji

ですから、おみくじも決まった作法はありません。

効果的な引き方はありますが、作法とは違います。

手帳

 

私は仕事柄、おみくじを引く機会も多いので、気になったメッセージは手帳に収めてたまに見返します。

転機の時や神様から引くことを進められたときに引き直すと、自然と前のおみくじから繋がって進んでいる内容になっていたりすることも。

あまりにいっぱいになると手帳もかさばるので、都度整理して必要なくなったメッセージは感謝してお返しします。

これは私のやり方ですので、それぞれが使いやすい方法でメッセージを心に留めて過ごされればいいと思います。

次は、「おみくじの引き方のコツ」についてです。

お楽しみに!

 

ABOUTこの記事をかいた人

大杉日香理

「龍使い」になれる本を出版。発売半年で91000部の大ヒット。紀伊国屋書店全店16週連続ベストテン入りしている。 歴史、宗教、心理、文学、ビジネス、経営、スピリチュアルなどの総合的な知識をベースとしたメソッドを体系化し、2011年に株式会社を設立。 毎回満席、リピート率は96.5%をほこる「神旅(R)」は、神社を参拝するツアーを日本ではじめて事業化したもの。「みつかい養成講座」「龍使い養成講座」などの講座も好評を得ている。 船橋市では女性起業の可能性についての講演、 船橋商工会議所では、起業するうえで参加者自身の強みや何をしたいかを振り返り「自分がやりたいことを見つける」ことについて講義を実施。 法人向けに神縁をつなぐコンサルティングを行い、他力と協働する意欲のある経営者に、龍神から授かるリーダー力を伝えている。